保健師 求人

首都圏で保健師の転職を検討されてる方必見!

保健師求人ガイド【※首都圏専用】へのご訪問ありがとうございます。現在首都圏で転職活動をされている保健師の方に、地域別に求人事情を解説しています。行政での雇用機会もある保健師の転職には、区によって募集時期に傾向があるのでぜひご参考ください。

 

地域や収入、休日など、個人の希望によりかなえる為には、転職エージェントの存在も欠かせません。ランキング1位のナースフルでは、地域を細分化した求人情報の他にも、さまざまな条件を設定して転職先を探すことが可能です。転職のプロ『リクルート』が運営している点も安心のサイトです!

保健師求人サイト人気ランキング

保健師求人探しのポイント

保健師の求人探しをするポイントとは、まず就・転職をするにあたり保健師としてどこで働くべきかを考える必要があります。保健師の活躍する場は、非常に多く保健所をはじめ、市町村の保健センター等もあげられます。

 

また、福祉に関連する施設等も保健師が配属されていますので、こうした福祉関係の施設でも保健師はその資格を活かし働く事が可能で、医療機関も保健師を置くケースが徐々に増えておりますので、医療機関も保健師の働く場として考えられます。

 

更に保健師で目指される方も多い、産業保健師として働く企業や事業所等も保健師が活躍できる場であり、児童施設等も保健師の活躍できる場となりますので、保健師として求人を上手に探すには、まずご自身がこの活躍の場をどこにするか?と言う事も十分に検討していかなくてはいけません。

 

これらの活躍の場を考え保健師としてどこで働きたいか?と言う部分を良く考えて求人を探す事がまず重要で、そこが決まったら今度は活躍したい分野での求人を探していく事になりますが、効率よくその分野だけの求人を探すなら、やはりその分野に特化する転職サイトの利用がお勧めです。

 

例えば、医療機関で働きたいと考える保健師さんであれば、医療機関に特化した転職サイトを利用する事で希望通りの医療機関の保健師求人を見つける事が出来ます。尚且つ保健師のための転職サイトというのは、医療業界に特化した看護系の転職サイトが最適で、こうした看護系の転職サイトを利用する事により保健師求人と言うものはそもそも見つけにくい、数が少ない求人といえるものの転職サイトを利用することにより目的通りの求人が見つけられ、保健師が活躍出来る各分野の求人が簡単に見つけられます

 

保健師の仕事には、色々とそれに伴う活躍の場が考えられますが、企業での保健師を目指す場合は、産業保健師には何が今必要であるか等、転職サイトを利用する事によりコンサルタントがアドバイス、サポートしてくれますので、産業保健師になる事もスムーズに可能にできますし、保健師として地域のみなさんの保健活動を行う保健所等の保健師もでき、地域住民の暮らし、もしくは健康等の相談を受け保健師としての的確なアドバイスもできる保健師分野での活躍も可能です。

 

効率よく保健師求人を探すためには、ご自身が何処で保健師として働くべきかを考えるのが先決ですが、それが決まったら、今度は医療業界に特化する、看護系の転職サイトを利用し、自分の目的とする分野での求人を探す事が、その分野の保健師として働く近道となります。

保健師の募集情報をお探しなら

保健師の一般的な就職や転職先としては、市町村の保健所や職員として働く行政保健師や、企業に所属する産業保健師、看護業務と兼務することもある病院保健師、養護教諭の免許を取得して学校保健師として働くという選択肢もあります。

 

行政保健師は都道府県や市町村の職員として働きますので、公務員試験を受ける必要があり、募集する時期も決まっていますので、注意が必要です。

 

行政保健師は、住民の健康を守るというやりがいのある仕事となっており、首都圏では保健師の業務などを紹介したパンフレットなども用意されている場合があるので、気になる方は見てみると良いでしょう。パンフレットは勤務体制や、新任保健師の教育体制、福利厚生制度、そして保健師の主な勤務先なども載っている有意義なものとなっています。

 

産業保健師は企業に所属する形ですので、その企業の求人情報をしっかりとチェックしておかなければなりません。
主に産業保健師は、社員の健康増進のための様々な計画や、工業系の職場になると負傷者の応急処置も保健師の仕事といて含まれている場合もあります。企業によって、どのような業務内容を求めているかは違ってきますので、募集がある場合はきちんと確認しておかなければいけない事項になります。

 

また、病院保健師は、検診センターなどが併設されている場合は検診の際に健康相談をしたり、検診の補助をすることもあります。実際に看護師として患者さんと接する以外に、退院してからの生活の相談にのるなどの業務を兼務することもあります。

 

産業保健師と同じように、仕事の内容は病院によって違いますので、事前に確認してから応募することをお勧めします。
また、学校保健師は保健師免許のほかに養護教諭の免許を取ることで受験することができ、受験は他の学校の先生と同じ教員採用試験を受けることになります。

 

教員採用試験は年に1度都道府県によって日程や試験科目などが変わってきますので、対策が必要になりますが、より看護的な知識を持っている学校保健師は就業後は、学校にとって力強いサポートを担うことになります。

 

その他にも老人ホームなどの高齢者が暮らす施設などの募集などもありますので、これを見ても業種や仕事内容は多岐にわたっていることがわかります。しかしながら、保健師の求人は人気が高い割には求人数が少なく、苦労することがあるかもしれまん。

 

効率的に保健師の求人を探すためにも、専門の転職支援サイトなどに登録して、求人を探すという方法もあります。就職や転職の不安や疑問を解消しサポートしてくれるコンサルタントがいますので、利用してみるのもおすすめです。